インプラントの特徴

長所

  • ブリッジのように健康な歯を削らなくてよい
  • 周囲から気付かれないほど自然で審美性が高い
  • 天然歯と同じような感覚で噛みしめる事ができる
  • 全ての歯が抜けてしまっていても適応する事ができる

短所

  • 高額な治療費が必要
  • 外科の手術が必要
  • 仮歯など様々な行程と時間が必要
  • 顎骨の状態にって適応外になる事がある
  • 全身疾患のある場合、適応外になる事がある
  • インプラントを持続させるために定期メンテナンスが必要になる

リーゲルテレスコープシステムの特徴

長所

  • 歯にひっかける金具が見えなく、大きな口を開けたり、噛み締めても動かないのでとても自然で、入れ歯であることが気づかれない
  • 就寝時にも外す必要がない
  • しっかりと固定されるため食事をしているとき大声を出しても外れる事がない
  • 違和感がとても小さいの体の一部のような感覚です
  • 見た目に入れ歯だとわからないため審美的にも優れ表情も自然になる
  • ぐらぐらしている歯でも固定する効果があるので歯を抜くことがなく、歯を失くす事を予防する
  • 修理をしながら、長く使える
  • 金属はスイス・センザメトウ社製なので適合がよく長い使用に耐えられる
  • 歯の外側が外れるので清掃性メンテナンスは良い
  • リーゲルテレスコープ一筋の経験豊かな技工士が作っているので具合が良い

短所

  • 歯を削る必要がある
  • 高度な技工技術が必要になるので歯科医師を選択する必要がる
  • 治療回数が多くなる傾向がある
  • 歯をすべて失った場合には適応できない

金属床義歯の特徴

長所

  • 様々な症状で適応する事が出来る
  • 保険の入れ歯より薄く作れ装着感、審美性、発声は格段に優れ外れにくい(ドイツ・ベゴ社の金属、機械を使用し作製しているため)
  • 食事などの温度感覚が自然に近い(金属は熱伝道に優れている)、食べ物の味がわかる
  • 保険の入れ歯よりも強度がありバネが細くでき変形もしにくく、しなやかで着脱はスムーズにでき、歯の負担ダメージが少ない
  • 金属床義歯一筋の経験豊かな技工士が作っているので具合が良い

短所(リーガルテレスコープ義歯と比較して)

  • 噛みしめる力が弱い(天然歯の10%~20%)
  • 修理が難しい(不可能ではない)
  • 顎の骨が年齢とともに細くなってくると徐々に合わなくなってくる
  • 装着中に外れたり落ちたりしやすい

保険入れ歯の特徴

長所

  • 保険が適用できるので、経済的な負担が少なくてすむ。
  • プラスチックのため調整が容易にできる。

短所

  • 固定するための金属のバネ(クラスプ)が太く目立つことがあります。
  • バネが緩みやすく、バネの部分と床の部分が一体でないため、安定させることが難しい(金属床ではバネと床が一体)
  • その結果、残っている健康な歯にかかる負担が大きくなることがあります。
  • プラスチックのため、割れることがあります。
  • 厚みがあるため、口の中で違和感が大きくなります。
  • 人工歯の審美性が低く、早く磨り減ってしまうことがあります。

保険適応の入れ歯と自費の入れ歯の違い

上図のように横から見るとレジン床と金属床の入れ歯では、厚さに違いがあるのがはっきりとわかると思います。
この差が、装着時の違和感の有無や噛み心地にも大きく影響します。