痛くない、快適な入れ歯

DSC_0531

様々な事情で歯がなくなってしまった場合、部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。

健康保険適用の場合は使用できる素材と設計に制限がありますが、 自費診療の場合はチタンやコバルトクロムなど素材と設計の制限がなくなり、 さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。

当歯科医院では患者さんのご要望にそって、最適な義歯をお作りします。

 

入れ歯とヒアルロン酸の併用で若さと自信を

DSC_0677

入れ歯は失った歯の機能を回復するだけでなく、見た目の美しさによって若さと自信を取り戻す効果があります。当院では見た目にはわからない義歯を推奨しながら治療を行っておりますがヒアルロン酸治療を併用する事によってより若く、健康的に見えるよう複合的な治療を行っております。噛めるという機能だけでなく、若さや自信を取り戻したい患者様へ数種類のヒアルロン酸から最適なものをご提案しております。

ヒアルロン酸治療の詳細はこちら

 

様々な入れ歯やインプラントの比較

インプラントの特徴

長所

  • ブリッジのように健康な歯を削らなくてよい
  • 周囲から気付かれないほど自然で審美性が高い
  • 天然歯と同じような感覚で噛みしめる事ができる
  • 全ての歯が抜けてしまっていても適応する事ができる

短所

  • 高額な治療費が必要
  • 外科の手術が必要
  • 仮歯など様々な行程と時間が必要
  • 顎骨の状態にって適応外になる事がある
  • 全身疾患のある場合、適応外になる事がある
  • インプラントを持続させるために定期メンテナンスが必要になる

リーゲルテレスコープシステムの特徴

長所

  • 歯にひっかける金具が見えなく、大きな口を開けたり、噛み締めても動かないのでとても自然で、入れ歯であることが気づかれない
  • 就寝時にも外す必要がない
  • しっかりと固定されるため食事をしているとき大声を出しても外れる事がない
  • 違和感がとても小さいの体の一部のような感覚です
  • 見た目に入れ歯だとわからないため審美的にも優れ表情も自然になる
  • ぐらぐらしている歯でも固定する効果があるので歯を抜くことがなく、歯を失くす事を予防する
  • 修理をしながら、長く使える
  • 金属はスイス・センザメトウ社製なので適合がよく長い使用に耐えられる
  • 歯の外側が外れるので清掃性メンテナンスは良い
  • リーゲルテレスコープ一筋の経験豊かな技工士が作っているので具合が良い

短所

  • 歯を削る必要がある
  • 高度な技工技術が必要になるので歯科医師を選択する必要がる
  • 治療回数が多くなる傾向がある
  • 歯をすべて失った場合には適応できない

金属床義歯の特徴

長所

  • 様々な症状で適応する事が出来る
  • 保険の入れ歯より薄く作れ装着感、審美性、発声は格段に優れ外れにくい(ドイツ・ベゴ社の金属、機械を使用し作製しているため)
  • 食事などの温度感覚が自然に近い(金属は熱伝道に優れている)、食べ物の味がわかる
  • 保険の入れ歯よりも強度がありバネが細くでき変形もしにくく、しなやかで着脱はスムーズにでき、歯の負担ダメージが少ない
  • 金属床義歯一筋の経験豊かな技工士が作っているので具合が良い

短所(リーゲルテレスコープ義歯と比較して)

  • 噛みしめる力が弱い(天然歯の10%~20%)
  • 修理が難しい(不可能ではない)
  • 顎の骨が年齢とともに細くなってくると徐々に合わなくなってくる
  • 装着中に外れたり落ちたりしやすい

保険入れ歯の特徴

長所

  • 保険が適用できるので、経済的な負担が少なくてすむ。
  • プラスチックのため調整が容易にできる。

短所

  • 固定するための金属のバネ(クラスプ)が太く目立つことがあります。
  • バネが緩みやすく、バネの部分と床の部分が一体でないため、安定させることが難しい(金属床ではバネと床が一体)
  • その結果、残っている健康な歯にかかる負担が大きくなることがあります。
  • プラスチックのため、割れることがあります。
  • 厚みがあるため、口の中で違和感が大きくなります。
  • 人工歯の審美性が低く、早く磨り減ってしまうことがあります。
 

患者さんの声

入れ歯である事を忘れるくらい

DSC_0522

私は昭和54年から先生にお世話になっております。実は以前、こちらの医院が移転した時に私知らなくて、先生の大ファンだったのでずっと探してようやくまた先生に診てもらえるようになったんです(笑) 治療はもちろんとても丁寧なんですけれども、いろんなお話を聞いて下さったり本当に気配りが上手な先生なんです。ついつい私もいろんな事を相談してしまったりするんですよ。 今は痛くなくても一か月に一回は必ず来て、診てもらっています。入れ歯もフィットして食べ物もおいしくて、おかげさまで最近は悪くなるところが無いですね。 私は歌をやっておりまして、慰問であちこちからお誘いをいただいて歌いに行くんですが、入れ歯であることを忘れるくらい歌いやすいんです。ぴったり噛みしめられるので歌がうまくなったような気がします。

見た目では入れ歯だってわからないみたいなので、あちこちで入れ歯をはずして「ほら見て!(笑)」って言ってしまうんです。先生は痛くしないでとても繊細な治療をしてくれるので本当に助かっています。

 

治療中は快適で寝てしまいます。

DSC_0636

もう20年くらいになるでしょうか。先生にお会いしてから本当に元気をいただきました。入れ歯になってからは5年くらいですが、入れたその日から「するめ」を美味しく食べられるようになりました。 治療中はとても気持ちが良くて痛いどころか、寝てしまうんです(笑)後で先生に聞いたら「テンピュール」という低反発の専用マットを入れているからとお伺いしましたが毎回、寝ないようにがんばるのが大変です。 娘も先生にお世話になっておりますが、一家そろって先生にずっとお世話になろうと思っています。

 

ダイヤのネックレスよりも歯は大切。財産です。

IMG_7448

上顎、下顎にリーゲルテレスコープ義歯を装着

21年前から先生にお世話になっております。少し遠いところからですが、安心して治療を受けられるのでずっと通っています。初めて来る前はもちろん不安でしたが治療後はすっきりでモヤモヤが取れました(笑)診療室はまるでフラワールームのようで、素晴らしい先生に会えて本当に良かったです。私はダイヤモンドのネックレスは持っていないけれど入れ歯が財産です。とても歯を大切にするようになりました。

 

初めて入れ歯を入れる方へ

入れ歯は貴方のお口に合わせて作られています。
初めて入れた場合は違和感を感じることがあるかもしれませんが、大切なのは慣れと練習です。

 

入れ歯を入れる前に

初めて入れ歯を入れる際は水で一度濡らしてください。
入れ歯の着脱は、丁寧にゆっくりとしてください。
慣れると簡単にできるようになります。

 

初めての入れ歯

初めは違和感が出て、外したくなりますが、まず1日は我慢してください。

代表的な症状として
◯唾液が出やすくなる
◯歯や歯ぐきが締め付けられるような感覚が出る
◯話しにくい
◯吐き気がでる
などがあります。

これらの症状は2~3日で消えていきます。
しかし、強い痛みや症状が出るようであれば担当医までご連絡ください。

 

練習と慣れが必要です

入れ歯と上手に付き合うためには練習と慣れが必要です。
しかし、どうしても慣れない場合や、痛みが消えない場合は担当医までご連絡ください。
その際どこが痛いかが伝えられるようにしておくと調整が早く済みます。

 

定期健診においでください

お口やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。
入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。
緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目も悪いので、年に3~4回は定期検査をお受けください。

 

保険でつくる入れ歯と自費の入れ歯の違いについて

保険と自費では入れ歯の厚さにも違いがあります

保険でつくる入れ歯はレジン床といい、樹脂でつくられています。この樹脂は強度を維持するためにある程度の厚さが必要になり、この厚みが装着時の違和感の原因の一つとなっています。また、食べ物や飲み物の熱い冷たいを感じにくくなるというマイナス面もあります。
自費でつくる入れ歯の場合、一部をコバルト・クロムやチタンなどの金属にすることで可能な限り薄くできるので、装着時の違和感を低減します。金属は熱伝導率が高いので、食べ物の熱い冷たいをより感じやすくなるというプラス面があります。

さらに、保険治療は厚労省によって定められたガイドにしたがって作製しなければなりませんので、作製時間や調整時間に限りがあります。自費治療の場合は制約がないので、精密な入れ歯を作るための技術と時間をとることができます。
この材料と作製時間の差が保険治療と自費治療の入れ歯の違いなのです。

 

チタン床義歯(アメリカ式)
コバルト・クロム床義歯

DSC_0695

薄さが軽く、クラスプ(バネ)が細くしなやかで脱着がスムーズです。したがって歯の負担が少ない事が特徴です。スクラプは細いですが変形しにくいです。人工歯の配列が自然でとても美しい事も特徴です。

 

フォトギャラリー

画像をクリックすると大きく鮮明な画像と説明文をご覧いただけます。

010 SKMBT_C28013051415080 SKMBT_C28013070315590
 
 

リーゲルテレスコープ義歯(ドイツ式)

DSC_0531

バネなど入れ歯を止める装置が見えないので(外見上は入れ歯だと気が気がつかれません)、口をあけて笑う事が出来ます。粘着性のある食べ物でもはずれたりしませんし、固い食べ物を噛んでも沈んだりずれたりしません。義歯をはずした時の形は清掃しやすく、再治療、修理も容易にできる事が特徴です。

 

フォトギャラリー

画像をクリックすると大きく鮮明な画像と説明文をご覧いただけます。

 
006 005
 
007 008
 
004 003