レーザーによる治療

レーザー治療について

DSC_0561

レーザー治療はレーザー光(非常に高いエネルギーを持った人口の光)を利用してほとんど痛みのない状態で行う治療法です。 主に、予防(歯の表面強化)、知覚過敏、口内炎・義歯の接触痛、歯周病(歯槽膿漏)、根管治療、止血、顎関節症、歯ぐきの黒ずみ、顎関節症など様々な治療を行うことが可能です。

歯周病

歯磨きの時に出血するのは歯周病の危険信号です。レーザー治療により、歯周の中の膿を出し雑菌を減少させ出血を抑えることが出来ます。

歯の根の治療

DSC_0568

神経を抜いた後の歯の根は出血もあり、雑菌だらけです。レーザーで出血を止めたあと、通常の処置をおこない、仕上げにもう一度レーザーで殺菌、消毒すると歯の根はキレイな状態になります。また、後から痛みが出ることも非常に少なくなります。

除痛

当歯科医院で使用しているレーザーには痛みを軽くする効果があります。傷や口内炎など口の中の痛みは小さくても気になるものです。レーザーで処置をすることにより痛みも早く取れ、治りも早くなります。

予防

レーザーで歯の表面を処置すると酸に対する抵抗力が通常の予防剤より格段に高くなります。

歯を抜いた後の腫れや痛みを軽減

レーザーを使用すると、歯を抜いた後に腫れや痛みを大幅に軽減する事が出来ます。

 

インパルス デンタルレーザー

DSC_0829

安全な治療を実現するパルス発振型Nd:YAGレーザー

Nd:YAGレーザーの波(1064nm)は体内の水分や血液に吸収されにくく、組織の内部まで浸透する性質をもっています。しかし、インパルスデンタルレーザーは連続波ではなく、パルス発振の照射方式を採用することにより、照射による熱の深達度を制御することが可能になりました。これにより、熱作用による影響や危険性が少ない状態での切開、止血、凝固、蒸散を行うことが可能であることが証明されています。

 

幅広い臨床例に対応

インパルスデンタルレーザーは、接触および非接触にて、レーザー照射することが可能。歯周疾患への応用、アフタ性口内炎、メラニン色素沈着への処置など、さまざまな症例に応じて使用することができます。

 

ほとんどの症例において麻酔なしでの治療が可能

インパルスデンタルレーザーのパルス幅は、非常に幅が狭く、高いピークパワーのパルス波を発振するため、熱作用が瞬間的。治療に伴う痛みが大幅に軽減されます。これにより、ほとんどの症例において麻酔を使わない治療が可能です。

 

ウォーターレーズ

DSC_0821
  • ドリルや針のストレスを回避
  • 歯医者に行くのストレスや不安を軽減します
  • 低侵襲
  • 少ない歯科訪問歯科椅子に少ない時間
  • 速く治療後の日常に戻る
  • 薬物相互作用の少ないチャンス
  • 交差汚染のリスクも少ない
 

ezlase940

images

特殊な波長の半導体レーザーで、ほとんど痛みがなく歯肉を効率よく 止血凝固しながら切開ができます。また、傷口の治りが早いので患者様への負担を減らせます。