Question

患者さんの声 岡田さん

吉田歯科・矯正歯科医院に通われるようになったきっかけを教えてください。

岡田

20歳の頃から友達だったミチコちゃんが歯科衛生士となり、吉田先生と結婚したのがきっかけで、30歳過ぎから吉田歯科まで通うようになりました。

吉田

岡田さんには、開業当初から、子育てが忙しかった頃を除いて、定期的に来院していただいています。

岡田

20代の頃に勤め先の銀座にあった歯科医院で差し歯を4本入れてもらったのですが、具合が悪かったため、まずはその被せ直しをしていただきました。その後、歯根破折の処置は行ったものの、そのままずっとその歯のままです。

Question

以前通われていた歯科医院と吉田歯科で何か違いはありますか?

岡田

全然違いますね。私は子供の頃から歯の質が悪くずっとあちこちの歯科医院に通っていました。吉田歯科に通うようになってからはじめて、「歯が噛み合うというのはこういうことだったのか」と実感しました。特に奥歯が噛み合っていなかったのですが、それまではこんなものなのかな、と思っていました。

Question

その他に吉田歯科で受けられた治療を教えてください。

岡田

むし歯と歯根嚢胞の治療を受け、入れ歯を作っていただきました。

Question

入れ歯の製作はどのような過程で行われたのでしょうか?

吉田

左下の歯ぐきが歯根破折のために膿がたまり、それが歯ぐきに口を作り、流れ出て来るようになりました。やむを得ず1本抜歯し、当初は保険の入れ歯を作製して使用しましたが、咀嚼中に外れてしまうことが多々ありました。そこで、日本デンタルラボラトリーにて自費の金属床義歯を作製したところ、上手くフィットしました。チタンと保険のパラジウムの金属の弾力の違いにより、保険の入れ歯と比べて強度が高いと思います。

岡田

保険と比べて費用はかかりますが、自費の入れ歯を作製する価値はあると思います。今使用している入れ歯はアーモンドのような硬い食べ物も問題なく噛めるので、大変満足しています。ただ、自分の歯で噛めるに越したことはないので、日々の予防が最も大切だと思います。今は歯科に関する情報がたくさん溢れ、どれが正しい情報なのかわからないことがありますが、私はミチコちゃんや吉田先生という人を信頼して吉田歯科に通っています。

吉田

せっかく良い入れ歯を作っても予防を怠れば寿命が短くなってしまうので、医院での継続的なメンテナンスが大切です。

Question

現在は、治療ではなくメンテナンスを受けるため、通われているのでしょうか?

岡田

はい。通院するのに2時間弱かかるところに住んでいるので、二ヶ月に一回通っています。

吉田

岡田さんには、いつも真面目に磨いて来ていただいています。定期的に来院していただいて口腔内の清掃・チェックを行い、悪いところがあれば治療し、それが終わればメンテナンスを再開するのが基本的な流れです。また、歯周病に効果のあるレーザー治療も行っています。

岡田さんは、来院されてから38年、抜歯した歯は3本だけというのは非常に珍しく素晴らしいことです。これは、高精度の補綴物、継続的な医院でのメンテナンス、毎日の岡田さんのホームケアの全てが揃った結果だと考えます。

岡田

先生の説明で、私の歯は自分で思っていた以上に良好な状態を維持できているのだと、初めてわかりました。このような機会をいただいたおかげですね。


吉田

当院では、歯を被せる時、型を採りますが(印象しますが)仮り印象して歯科技工士とも相談し、よければ本印象して模型をつくります。本印象も二回行い模型も2個作り良い方で作製します。(2回印象法、模型2個作成法)

この方法、2回印象法と予備印象によって長期間安定した補綴物ができます。(※通常の診療では印象1回、模型一個)

補綴物(歯、入れ歯)の仮印象法、模型2個製作法で長く持たせることに成功、レーザーを使用したメインテナンスにも成功しています。もし歯で困っている方がおられましたらご紹介ください。


患者さんの声 岡田さん