患者さんの声 M.Iさん
IMG_6511

M.Iさんは二児の母であり、現在は船橋市のご自宅でネイルサロンの経営をされています。インタビューの当日は予防メンテナンスのため高校生の娘さんと一緒に来院されていましたが、ネイルアーティストだけあって高校生のお嬢さんがいるようには思えない若さと美しさ。そんなM.Iさんに吉田歯科・矯正歯科で得られる“若さと美しさ”についてうかがってみました。

子供の頃に折れた前歯まで審美性を大切にして治してくれた。

Question

M.Iさんは吉田先生の医院へはずいぶん長い間通院されているのですね。

M.I

はい、吉田先生は生涯私の主治医です。吉田先生、一筋に35年ほどです。

Question

そうしますと、吉田先生とは子供の頃からのお付き合いで、他の歯医者さんは知らないことになりますね。

M.I

DSC_0527

そうではありません。子供の頃は他の歯医者さんに行っていましたが、小学生のとき、既に永久歯が生えていた頃でしたが、遊んでいて前歯をぶつけてしまったのです。親が慌てて、当時通院していた歯医者さんに連れて行ってくれましたが、歯を抜いて入れ歯にする以外に方法はないとのことでした。小学生の女の子が入れ歯になる辛さをおもんばかった母と最後に訪ねたのが、吉田先生でした。

Question

それでは生涯の歯科医になる先生のところに、最後の最後で出会えたのですね。

M.I

IMG_6525

はい、そういうことになります。とにかく入れ歯だけは避けたかったのですが、そんな私の、というよりは母の要望に、吉田先生は冷静に診察してくださって「やってみましょう。歯の根を切除したため不安定な状態ですが、セラミックスでできた歯を被せてみます」と淡々と説明してくださいました。入れ歯にならないことだけで私も母も喜んでいましたが、吉田先生は被せるセラミックスの歯の自然な美しさまでこだわってくださいました。私が歯にコンプレックスを持たず、明るい大人の女性(笑)になれたのも吉田先生のおかげです。主治医と言うよりは、恩人ですね。

ご主人も気がつかない自然な美しさを再現した歯

Question

当時でしたらぶつけて根の短くなった歯は抜いて入れ歯が当たり前でしたが、審美性まで大切にしてくださったのですね。

M.I

DSC_05272

はい、正直なところ子供の私には、入れ歯になることの恥ずかしさから逃れることができればよかったのですが、吉田先生のお知り合いの素晴らしい技工士さんがいるからとおっしゃって、その方に当時では最新のセラミックスで作る歯をオーダーしてくださいました。出来上がってきたセラミックスの歯を吉田先生がセットしてくださり、恐る恐る鏡を見ると、新しく自分のものになった歯は、形態、色、陰影、生まれながらの自分の歯との調和、そして下の歯との咬み合わせも、全てにパーフェクトでした。本当に折れて失った自分の歯が、また生えてきたような感じでした。しかし、ひとつだけ悩みを抱えることになりました。

Question

そんなに自然な歯が戻ってきて、まだ何か不満があったのですか?

M.I

いいえ、不満ではありません。私の友人たちに秘密を長い間持つことになったのです。あまりに自然で審美性に優れている歯に治してくださったので、このセラミックスの歯は私の口にセットされたその時から、私の意識の中で私の生来の歯として生まれ変わったのです。それから30数年もちましたが2012年に動揺著しいので抜歯して、仮の歯も抜いた歯そっくりに作ってもらい、誰にも気づかれないうちにブリッジにしました。友人や親しい方も、夫さえも私の前歯が、このホームページを見て知るまでは、セラミックスでできた人工の歯であることに気がつかないでしょう。

Question

そう言うことですと、このインタビューは罪つくりですね。

M.I

はい、そうですね(笑)。

できるかぎり削らない抜かない審美治療だから、娘もお世話になっています

Question

子供の頃は吉田先生の近くにお住まいだったのでしょうが、現在は船橋市ですよね。少し通院に不便ではありませんか。

M.I

DSC_052547

決してそんなことはありません。来れば美しさを維持できる喜びもありますし、普通の歯医者さんは1回の治療が20分ぐらいで何回も通ってやっと終わるという感じですが、吉田先生はだいたい1時間は診療してくださり、その後もていねいに説明してくださいます。少ない来院回数で満足のゆく結果を残してくださる、本当にありがたい存在です。歯医者さんを、自宅や職場から近いといった便利さだけで選んでいる方は、多少遠くても吉田先生のような歯医者さんを選んで、毎日の生活を明るく積極的に楽しめた方がどんなに良いかと思います。

Question

そういえば今日はお嬢様もご一緒ですね。

M.I

はい、そうです。やはり娘にも歯のことでコンプレックスを持って生活してもらいたくないのと、吉田先生はできるだけ歯を削らない抜かない治療をしてくださいますから安心です。娘は、まだ高校生ですから審美歯科とはあまり関係ありませんが、健康な歯の美しさをできる限り維持してもらいたいと思っています。健康でなければ、美しさまで気がまわりませんからね。将来はひとりの女性として美しい口元をいつまでも持ち続けてもらいたいです。

歯科医だからできるヒアルロン酸の口元の審美

Question

吉田先生は1本の歯はもとより口元の美しさまで意識して、ヒアルロン酸も注入してくださることをご存じですか。

M.I

DSC_2966

もちろん知っています。私のようなネイリストの周りには美容やおしゃれのプロが集まりますから、私もプロとして若さや美しさを維持しなければなりまません。ですから吉田先生には口元にヒアルロン酸を注入していただいています。とても自然な感じで30代の頃の張りと瑞々しさが戻りました。吉田先生に入れていただいたセラミックスの歯との調和も気に入っています。

Question

従来なら美容外科で行っていたヒアルロン酸の注入を歯科で行うことに抵抗はありませんか。

M.I

まったくありません。顎やお口の周りの組織のことも歯医者さんの専門領域ですから安心してお任せしています。歯科治療の時に歯肉に麻酔注射を打つのと変わりません。それに、歯や歯茎とのバランスを考えると口元のプロの歯医者さんにお任せするのが一番だと思います。ただ、やはりそれなりの経験と技術のある歯医者さんでなくては安心できませんけれど。これは歯科の普通の治療でも同じことですけれどね。一本一本の歯をきれいにしてくれる審美歯科は最近では多くなりましたけれど、口周りのほうれい線や縦ジワもケアしてくれる歯医者さんはほとんどないのではないかしら。吉田先生は花のアレンジメントとバラの水彩画も行っているので美的なセンスもあると思います。

今や歯科医院もエステや美容院に行くみたいな楽しみ方が大切ですね

Question

ホワイトニングもなさっているとお聞きしましたが。

M.I

IMG_6524

はい。肌の色、セラミックスの歯とのバランスを考えていただきホワイトニングをしてもらっています。芸能人のように極端に白い歯は不自然だから控えるようにと、吉田先生に歯の色見本(シェードガイド)を見せていただき、コーディネイトをしてもらっています。ホワイトニングをするようになったきっかけは、メンテナンスにあります。歯や歯茎の健康が保たれていると、今度は健康からさらにステップアップして美しさを求めたくなったのです。歯も健康だからこそさらに美しさが際だつのだと思います。今や吉田先生のところにはメンテナンスはエステに行く感覚で来ています。 吉田先生は子供の頃の私には恩人でしたが、今やミドル女性の美の守り神ですね。